誰もが自分らしく、安心・安全に暮らし続けることのできる住環境を提案いたします。

今年最後の現場(ALSの方の住宅改修)

本来事業

今年最後の現場(ALSの方の住宅改修)

2011年も大詰めになりました。
まちの中は、サンタが駆けめぐり、クリスマスソングが・・・・・
でも現場にいけば、まだまだ浮かれている場合ではありません。
今年の多分、最後になり現場。
ALSの方の住宅の改造、現在はまだ上肢がしっかりしており移動や移乗は可能で住宅内はいざり移動でといった感じですが
いずれ、車椅子中心になることを予測したプランニングになっています。

少しでも長い期間、自分で出来ることは自分で・・・・・・

そんな思いをうけた仕事です。

  二階の押入をトイレに・・        ベランダにいざりでも車椅子でも・・
             

CATEGORIES & TAGS

本来事業,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 中央経済社


作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 能率マネージメント協会