誰もが自分らしく、安心・安全に暮らし続けることのできる住環境を提案いたします。

第三回 被災地住環境改善事業

未分類

第三回 被災地住環境改善事業

2011年11月10日

3月11日におこった東日本大震災。
当初から阪神大震災の時の経験を踏まえて危惧していた「震災関連死」
過去に二回(予備調査含め4回)仮設住宅等を訪れているが、やはり「震災関連死」は増えてきているようである。
今回は、冬への備えも含めて、多くの人とのコミュニケーションを取れればと少数精鋭で11月12日〜14日の日程で
宮城県にある被災にあわれたグループホームが仮設住宅で再開されている所を中心に活動致します。

「支援内容」

・窓の結露防止

・移動の安全確保

・コミュニケーションをとることによる、ニーズ発掘

CATEGORIES & TAGS

未分類,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

直近のイベント

1月
26
1:00 PM 認知症住宅改修のポイント @ CoCoKara(コミュニティカフェ)
認知症住宅改修のポイント @ CoCoKara(コミュニティカフェ)
1月 26 @ 1:00 PM – 4:45 PM
今後、認知症者に対しての在宅での対応は必要不可欠です。なかでも住環境整備に関しては情報が不足しています。福祉住環境の専門建築士と共に考えましょう。

作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 中央経済社


作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 能率マネージメント協会