誰もが自分らしく、安心・安全に暮らし続けることのできる住環境を提案いたします。

「 本来事業 」 一覧

当事務所の設計ポリシー

                             

高齢になっても、障がいをもっても、こどもにとっても、いつまでも自分らしく、安心・安全に暮らし続けることの出来る住環境をノーマルと捕らえ、様々な専門職と連携し「住まい」を提案します。、

当事務所業務案内

1.高齢者、障がい者住宅設計監理
2.ユニバーサルデザイン住宅設計監理
3.既存住宅状況調査(ホームインスペクション)
4.耐震設計、耐震診断
5.空き家利活用
6.福祉・介護施設設計監理
7.各種講演及び講師

新着記事はこちら

ブロック塀を調べてみました。

2018/06/20 未分類, 本来事業

今回の地震で大きな被害の原因となったコンクリートブロックの塀について、調べてみた。 ブロック塀診断カルテ←クリック ①地盤は、塀全体を支え、基礎から一体となった塀の転倒に抵抗する役目を果たします。従っ …

HPからのご相談・ご依頼方法

2016/02/25 本来事業

このHPから、設計や講演等のご相談・ご依頼をうけることが出来るように致しました。 上のメニューのご相談・ご依頼フォームからお問い合わせください。 また、予定確認カレンダーで日程が空いているかどうかのご …

後付天井走行リフト

滋賀県の特養に後付で設置した天井走行リフトです。 XYレールがあり、浴室を面でカバーします。

長谷工コーポレーションさんとの取組第二弾

2014/08/19 本来事業

「素敵に歳をかさねるために。」をコンセプトに取組ませていただいているプロジェクト。 第二弾は、「セカンドリビングのある家」です。 どうしても、歳をとるとマイナス面を意識しすぎて奥へと引きこもりがちに・ …

no image

第一回「福祉住環境サミット」に参加します。

来年に開催される「福祉住環境サミット」にて、一日目(3月15日)第一部のサミットのコーディネーター役と二日目(3月16日)の分科会で二つの発表を担当します。

no image

長谷工コーポレーションさんとの取組第二弾

2013/09/17 本来事業

前回の吹田での取組に続き、今回は京都の二条城での取組が決まりました。 350年続いた神社の跡地にたつマンションで、今回は高齢者の二人居住で、どちらかが介護状態になっても 楽しく、自分らしく生きることの …

no image

素敵に歳を重ねる為のバリアフリーセミナー&モデルルーム見学会

下記の内容のセミナーが来週末に開催されます。 参加はどなたでもOKです。 ぜひ、ショールーム見学とセミナーにご参加下さい。 詳細は、http://www.haseko-sumai.com/kansai …

no image

脳血管障害・パーキンソン病住宅改修ポイントセミナー修了

3月の私の担当セミナーである、疾病別住宅改修ポイントセミナーの脳血管障害とパーキンソン病編が終了した。 両セミナー共、非常に参加者の皆様が熱心でついついこちらも力が入りすぎ、ワークショップ時間を作るの …

no image

はいる職種を減らしてコストダウン(和式→洋式)

大阪では、よくある半間四方の和式トイレを洋式トイレへと変更しています。これで、介護保険住宅改修の20万円ジャストくらいでしょうか。 床や壁補修を木工事でおこない、はいる職種を減らしてコストダウンです。 …

no image

新年のご挨拶

2012/01/06 本来事業

皆様、新年明けましておめでとうございます。 昨年は、東日本大震災における復興支援事業として、幾度となく被災地を訪れ福祉住環境のプロとしての未熟さと、そしてやらねばならない使命の双方を感じ取った一年であ …

作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 中央経済社


作者: ゆにばっぷ・芳村 幸司
出版社: 能率マネージメント協会